ペニオクのシステムや仕組み
今流行りのペニオクのシステムや仕組みを、自身で登録したサイトをあげてご紹介させて頂いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペニオク システム 仕組み
ペニオク システム 仕組み

「ペニオク」という言葉をネットで一度は見たことは無いでしょうか。今流行りの新しいオークションとして最近よく耳にします。大型液晶テレビが1万円とかで落札できると聞いて、「そんなことはありえない、インチキだ!」と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、参加者は増えております。

ペニオク、つまり、ペニーオークションですが、日本人なら衆知のヤフオクとは全く種類の異なるオークションです。

まず、ペニオクは、個人出品できません。運営会社が出品した新品の家電・パソコン・ゲームソフトなどに入札するシステムです。送料も通常は運営会社が負担してくれます。

入札価格が1円とか5円とか15円といった単位でしか上がらないので、少しイライラするかもしれません。

ペニオクの運営会社は、入札料で利潤を出しているので、入札数を増やす必要があるのです。

たとえば、iPodが700円で落札された、というようなことは日常茶飯事です。

このiPodが落札されるまでに、たとえば500入札あったとしましょう。運営会社は75円×500=37500円も稼げるわけです。つまり、iPodが700円で落札されても、運営会社は損をしないわけです。

一方、落札できた人は、もし、100回入札したとすれば、7500円の入札料を払ったことになります。つまり、落札料700円と合わせて、8200円でiPodを入手したことになります。それでもかなり安い価格で手に入れることが出来たことになりますよね。

注意して欲しいのは、この商品のオークションに参加して落札できなかった何人(何十人?)かは、入札料がまったくの無駄になるということです。

つまり、落札できた人は物凄く得をするけど、落札できなかった人は大損をするというシステムなのです。

ペニオクはギャンブルだと割り切る必要があります。

コツを掴んだ人は大儲けできるでしょうが、漫然とやっている人は、大損する可能性が高いでしょうね。要は、頭の勝負かもしれません。

入札料75円は、コインを予め購入してそれを入札時に消費します。無料登録すると、コイン5枚(入札5回分)をタダでくれますので、試しに入札してみると雰囲気がつかめます。

私が感じた落札のコツは、値段がある程度上がったところで入札を始めることですね。だいたいの落札相場を掴んでおくことが大切です。商品の実勢価格よりあがることはなく、ほとんど半額~10%程度です。

私が現在登録中のペニオクサイト↓「激安くん

ペニオクの激安くん
ペニオク
無料会員登録すると3000円分のGOLDがもらえる
OPENしてからのGOLD2倍キャンペーンや、初心者オークション、
リクエストキャンペーンなど、キャンペーンが豊富なのが良い。
商品数が結構多いのが気になって登録したペニオクサイト。


ペニオクのシステムや仕組み のTOPへ戻る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。